野球好きの私が七夕の短冊に込める願い。

今から一週間ほど前、風が強い日がありました。野球好きの私が七夕の短冊に込める願い。 “今から一週間ほど前、風が強い日がありました。その日から、テレビの調子が悪くなり、「変だな...」と思っていましたが、案の定、久しぶりに見た屋根の上のアンテナが、今にも落ちてきそうな形で必死に屋根にしがみついている光景を目の当たりにしました。「ひぇ~」私はプロ野球を見る事が好きなのですが、有料チャンネルでお金を払ってまで見ていたプロ野球の試合が全く画面に映らないのです!それからしばらくの間は、ずっとテレビ観戦が出来なかったため、パソコンでのテキスト観戦をしていました。(映像は映りませんが、数分後に更新するとその状況が数字で試合経過が見られる地味なものです。)約1週間、この状況で我慢をしながら野球観戦を続けていましたが、私の応援しているチームは負け続け、みるみるうちに順位が落ちていくではありませんか!「ああ、これはアンテナの呪いだ」と思いました。しかし、肝心のアンテナ工事は、部品などの交換が必要だと事で、もう少し修理に時間がかかる様でした。
この日記を書いているのが2018年7月8日。昨日は七夕でした。昨日の野球の試合は「雨天中止」でしたので、彦星と織姫も、もしかしたら雨のせいで逢えなかったのかもしれないと思いながら、部屋の中で1つだけ短冊を書かせていただきました。「明日からはチームが勝ち続けます様に」と。テレビのアンテナの事よりも、私にとってはチームが勝ち続ける事の方が重要なのです。そして、今日7月8日の試合は、無事に勝つ事が出来ました。しかし、ここでホッと胸をなでおろしていてはいけません。明日も試合はあるのですから。テレビのアンテナが直るまでもう少しの辛抱です。こんな形でもチームを応援し続けている私は、自分でも本当に情けないやら、気合が入っているのやら、自分自身が恥ずかしくなります。でも、多分、彦星と織姫も逢えたのではないのでしょうか。何となく、そんな気がするのは、私だけでしょうか?

映画、ドラマ等見放題のおすすめ、人気の動画配信サービスのランキングならコチラ!